角結膜疾患

翼状片

目の縁から白目が黒目に侵入してきます。

乾燥地方や紫外線をよく浴びる人に多くみられます。

軽症のときは放っておいていいのですが、充血を繰り返したり、中央によってきたり、乱視をおこしてきたら手術です。

手術方法はいろいろありますが、もっとも再発の少ない方法を取っております。

翼状片はそこだけとればいいじゃないかと思われがちですが、侵入部分だけ取ってもすぐ再発します。

本体は白目の奥にあって、見えているのは氷山の一角なのです。

そこをしっかりとって他の所から結膜を持ってきて切り取った部分にはめ込むと再発率が最も抑えられます。

そこをしっかりとって他の所から結膜を持ってきて切り取った部分にはめ込むと再発率が最も抑えられます。

結膜弛緩症

白目のたるみです。年齢とともに皮膚のしわができるように、白目の皮である結膜という組織がたるむのです。

これがおこると、涙のたまるべき部分に結膜が占拠しますから、涙目の原因となります。

軽症だと目薬で様子をみますが、ひどいときは結膜切除したり、たるんだ結膜を奥の方に縫い付ける方法も取っています。

一覧へ戻る